■ JIET情報システムの利用規約 ■
 総則
 
第1条
【目的と範囲】
第8条
【登録情報の漏洩防止】
第2条
【利用者】
第9条
【登録情報の禁止事項】
第3条
【パスワード等の管理責任】
第10条
【ウィルスの防止・セキュリティー】
第4条
【システムの一時的な中断】
第11条
【会員の責任】
第5条
【登録データの修正と削除】
第12条
【免責】
第6条
【登録内容の保証】
第13条
【規約違反等への対応】
第7条
【プライバシー保護】
第14条
【前提となる規律】
 付則

本規約は、日本情報技術取引所(以下JIETという)が提供するWebサービス(以下 本システムという)を利用する際の全てに適用し、サービスを利用することによって、本規約の内容を承諾したものとする。
また、JIETは本規約の内容を必要に応じて予告なく変更することができる。利用者は本システムの利用をもって本ページに掲載されている最新の利用規約を参照し、承諾したものとする。
本システムはJIETに会員登録した法人・個人・団体(以下 会員という)間における情報交換とJIET理事会より承認を受けた者を含めた見積もりの依頼を目的とし、 情報の掲載については、以下に定めるもののみとする。また、社会や公序良俗に反する内容の掲載や、システムを妨害するような規定外の使用・行為を禁止する。
 (1) 案件・人財の情報
 (2) 会員オリジナルパッケージ商品情報(※団体会員の場合、傘下会員のパッケージ商品は不可)
 (3) 会員が主催または代理店となる教育研修情報(※団体会員の場合、傘下会員の主催・代理店によるものは不可)
 (4) 会員が出展・開催するイベント情報(※団体会員の場合、傘下会員の出展・開催によるものは不可)
 (5) 見積情報システムを利用した仕事依頼
① 本システムの利用についてはパスワードを設け、会員のみの利用を原則とするが、以下②③の場合においては非会員(団体会員の傘下会員を含む)の利用も可能とする。
② JIET理事会より承認を受けた場合のみ、本システムを利用し会員へ見積依頼を行うことができる。
③ 「パッケージ情報」「教育情報」「非会員用案件情報」「非会員用人財情報」などの一部の情報のみ閲覧可能とする。
④ 本システムの閲覧方法の目的以外での問い合わせについて、JIETは一切応じない。
⑤ 本システムの利用については会員種別ごとに利用の可否および制限を設定し、「表1」に準ずるものとする。
表1
    特別会員 正会員 賛助会員 団体会員 CLUB JIET
法人 個人 法人 個人 法人
登録 案件 × × ×
人財 本人のみ○ 本人のみ○ × ×
教育・イベント × × ×
パッケージソフト ×
会員情報メンテナンス × ×
閲覧 案件 × ×
人財 × × ×
教育・イベント
パッケージソフト
会員情報メンテナンス ×

⑥ JIETは、会費の滞納が著しい会員に対して、⑤で認められている機能の利用を全て停止することができる。
① JIETより付与された番号(以下IDという)及びパスワードを第三者に譲渡もしくは利用させてはならない。会員はID及びパスワードの管理・使用について一切の責任を負うものとする。
② 自らのパスワード等を紛失、第三者に漏洩、または不正に使用されたことが判明した場合には、直ちにJIETにその旨を連絡するものとする。
③ JIETは、発行したIDならびにパスワードの情報について再度通知しない。
④ ID・パスワードを紛失した際は、会員自らが本システム内で再発行手続きを行う。ID・パスワードは一対であり、どちらかを紛失した場合でも両方が再発行とする。
JIETは次に該当する場合は、会員に連絡することなく一時的にシステムを中断する場合がある。
 (1) システムの保守を定期的又は緊急に行う場合
 (2) 地震、火災、停電など本システムが利用できなくなった場合
 (3) その他、運用上又は技術上システムの中断を必要と判断した場合
① 原則、登録内容の修正・削除は登録した当該会員のみが行うものとするが、本規約に違反している場合や、緊急を要すると認められた場合等においては、当該会員の承諾を得ずとも、JIETにて修正・削除が出来るものとする。
② 会員は、不要となった登録情報をすみやかに削除しなければならない。
③ 登録日または変更日から1週間以上経過した案件・人財情報は自動的に削除する。
④ 教育・イベント情報は開催期間終了後、自動的に削除する。
⑤ 見積依頼を利用の場合、既に依頼済みの情報は修正・削除出来ない。
① 本システムに掲載された情報の内容等については、掲載した会員が責任を負い、JIETはその情報についての正確性、有用性などいかなる保証も責任も負わない。
② 本システムを通じて発生した交渉、契約について、JIETはいかなる保証も責任も負わない。相互の自己責任においてこれをおこなうものとする。
③ 特にサービス情報として他社の製品・サービスの代理販売を掲載する場合には、掲載について販売元の許可を取るようにしてください。
① 利用者は、データ登録及びその取り扱いに際し、プライバシーの保護に努めなければならない。
② 人財情報の掲載について、個人名および本人と容易に識別できる情報を掲載してはならない。
③ 本システムの運用は、JIETプライバシーポリシーおよび情報保護方針に準拠して行うものとする。
① 本システムに登録されたデータを、会員・非会員に係わらず、紙・電子媒体その他のメディアを用いて流出させることを禁止する。
② JIETは、上記に違反し漏洩したデータに対する責任を負わない。
情報登録を行う際に以下の条項のものについては登録を禁止する。
① あいまいな情報及び、虚偽の情報。
② 正社員・自社契約社員以外の人財情報。
③ 個人会員は本人以外の人材情報。
④ 短期間に複数登録された同様の情報。
⑤ 登録項目に適さず、当該情報にふさわしくないと思われる情報。
⑥ 本規約第7条に抵触する情報。
データの登録等に際し、ウィルス防止のための最善の注意と対応に努めなければならない。万が一ウィルスに感染したデータを登録した場合は速やかにJIETに連絡しなければならない。
SSL(Secure Socket Layer)認証、暗号化通信方式により、インターネット通信における情報盗聴や書き換えを防ぐ。「会員ID認証」方式により、IDを取得されている会員様がご利用頂けることを特定させることで、第三者による不正利用を防ぐ。多重パスワードの導入により、不正アクセスの危険度を減少させる。
本システムを利用するにあたり、本規約に違反した行為等により 他の会員又は第三者、及びJIETに対し損害等を与えた場合は、自己の責任と費用を持って誠実に対応し、その責任を負わなければならない。
本システム利用に伴い発生した会員間及び第三者との間のいかなる損害等についても JIETは一切責任を負わない。(他者との間で生じたトラブルに起因する損害も含む。)
万一、この規約に違反した場合、もしくはJIETが違反の疑いがあると判断した場合は、本システム利用中止や会員除名等のペナルティを与えるものとする。また、本規約に違反した行為によりJIETに損害を与えた場合は、JIETは当該利用会社に対し損害賠償の請求を行うことが出来るものとする。
本規約は、その成立、効力、解釈及び履行を含め、全ての事項について日本国法令により規律されるものとする。
この規約は2003年5月6日より施行。
2003年10月31日改訂。
2006年 1月 1日改訂。
2009年 1月 1日改訂。
2014年 8月 7日改訂。